雇う人と働く人の雇用道
Googleへ
サイト内検索について
表富士工業団地協同組合
HOME このサイトについて リンク サイトマップ
雇う人のための情報
人を雇うときのきまりごと
従業員とのきまりごと
退職に関するきまりごと
 
働く人のための情報
働きたいと思ったら
働く人の権利いろいろ
会社を辞めるとき
 
ダウンロード一覧
HOME < 会社を辞めるとき < 解雇のトラブルQ&A集
解雇のトラブルQ&A集

Q1:突然クビだと言われたてしまったが、従わなくてはなりませんか?

まず、なぜ「クビ」になるのか落ち着いて聞いてみましょう。「クビ」というせりふには、普通に解雇するつもりの場合と、あるいは単なる話のなりゆき上の捨てぜりふにすぎない場合もあります。落ち着いて、真実を見極めることがまず必要です。

次に、本当に解雇の宣告であったとしたら、その理由を聞いてみましょう。
また、辞めたくないのなら、その意思もきちんと伝えることも大切です。辞表を書けと迫られても、辞めたい意思がないのなら、絶対に書いてはなりません。

労働基準法では30日以上前に予告するか、または予告しない場合でも、平均賃金の30日以上の解雇予告手当てを支払えば解雇できることになっています。(人によっては解雇制限により解雇できない場合もありますが)
しかし、いかに事業主といえども、自由に解雇できるかというとそうではありません。
合理的な理由がなければ会社側の解雇権の濫用とみなされ、解雇が無効になる場合もあります。
就業規則の解雇事由を確認してみましょう。それから、解雇の理由を書面にしてもらいましょう。(法律上、請求された場合は会社は書面にする義務があります。)
両者をよく検討し、納得がいかない場合は、労働基準監督署や社会保険労務士会などの相談センターに相談してみましょう。

Q2:「勤務態度が悪い」「職務能力が劣る」「会社が業績不振だから」というような理由で
   会社から一方的に解雇を言い渡されてしまったが、どうすればいいでしょうか?

まずは落ち着いて、詳しい理由を聞いてみましょう。その理由に納得するか否かに関らず、自分は辞めたくないということをはっきりと言うことです。以下はQ1を参考にして下さい。

Q3:会社から解雇を告げられ、退職金の額や今後不利になることがないよう自己都合退職扱いに
  してあげるから辞表を出せと言われたが、辞表を提出したほうがいいのか?


辞表を提出してしまうと、その後失業給付の申請に行ってから、自己都合退職扱いになり、 失業給付が
3ヶ月給付されなかったり、給付日数がかなり減ったりすることになります。
本当は辞めたくないなら、辞表は決して書いてはいけません。
どうしても困ったら、労働基準監督署や社会保険労務士会などの相談センターに相談をするとよいでしょう。

Q4:会社が不景気のため「整理解雇」を実施すると説明されました。
   これは不当解雇に当てはまるか教えてください。


整理解雇であっても、会社が守らなければならないルールがあり、それに従わない場合は不当解雇
ということになります。
整理解雇が認められる4つの条件は次の通りです。
 ・会社経営のためにどうしても人員整理をする必要があること。
 ・解雇を避けるための努力を十分に行ったこと。
 ・解雇対象者の人選が合理性・公平性を持っていること。
 ・リストラ対象の従業員や労働組合に対して十分な説明と協議を行ったこと。

 
Copyright 2003 表富士工業団地協同組合 All rights reserved